• « 2017⁄08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

自作イラロジ 東方篇その2

東方のイラロジその2です。


このキャラのイラロジ作りたいなぁ~と思っていて、
いざ作ってみたら、最強に難しい(と思う)ものが
出来上がりましたorz



っつーか、イラロジを、途中で詰んでしまうことなく
解けるものにするように作成するのが意外に難しいと、
痛感したイラロジです。



(パズル雑誌等の問題は出来上がっているものなので、
難易度が難しくても必ず何らかのヒントで
最後まで解けるようになっていますが、
実際に問題を作ろうとすると、途中で手詰まりになったり、別解が出来る
問題というのが、イラロジ完成までに多々生まれてしまいます。
パズル作家の人はそうはならないのかもしれませんが‥‥。)


‥‥というわけで、当の問題です。


自作イラロジ 東方篇その2
↑クリックで拡大!プリントして細かく刻んでひつまぶしにでも(笑)


サイズ:40マス×40マス
難易度:★★★★★



で、でたーっ!
2つ目のイラロジにして五ツ星!
ミシュランもびっくり!(笑)


所詮、パズル作成の素人が作ったものだから、大目に見て‥‥。
一応、背理法(パズルを解く際の、一種の仮定法的な解き方)は
使わずに解けるはずなんだけどなぁ‥‥。
スポンサーサイト
15:26 : イラロジ@東方トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。